top of page

ジークンドー(截拳道)とは?

更新日:2022年6月12日

ニューヨークのマンハッタンにある

PFSジークンドージムで2年ほどフェイズ1〜2の講師をしていた

ブレイクダンサーの「ノブルト」です。


ジークンドー
ニューヨークPFSジークンドーロゴ

今日はニューヨークのマンハッタンにあるジークンドージムで

フェイズ1〜2の講師をしていた

僕がジークンドーについて

僕が個人的に知っている事を皆様に

紹介したいと思います。


日本では武術として知られていますが

個人的にはそうは思いません


確かに武術的要素もいっぱいありますが

それはブルース・リー大先生の

映画の影響を強く感じます


実際にPFSジークンドーの

システムを習うと

MMAの要素が強いと感じると思います

今日は軽く説明したいと思います



まずはジークンドー截拳道とは?

まずジークンドーと聞いて連想されるのがブルース・リーだと思います。

そうですジークンドー(截拳道)は李小龍(李振藩)ブルース・リー大師が作った

総合格闘術、哲学、物理学、心理学です

なぜ総合格闘術と言うかというと格闘技とは違って試合がある訳ではありません

何方かと言えば反則行為などを駆使して安全に危ない状況を切り抜ける

というのが目的です、ですので危ない状況の心理なども教わるところがあります。


僕は自身(1994年生まれ)ブルース・リー世代ではなかったので、

全くファンでもなんでもありませんが

ジークンドーを始めてから色々と調べるきっかけになりました!


僕が調べて知っている限りではジークンドー(截拳道)は

二つの大きな流派に分かれているみたいです。


デッド・ウォン師父(オリジナルジークンドーと呼ばれる流派)

ブルース・リーのオリジナルジークンドーを継承したとして知られています

当時ジークンドーを製作していた頃にブルース・リー大師のスパーリング

パートナーとしてブルース・リー大師の数々の技、研修している技などを

自身で受けてそれを伝えて行ったと言われています


ダン・イノサント師父(コンセプトジークンドーと呼ばれる流派)

ブルース・リー大師が開発したジュンファングンフーの最高位を授かった方で

ブルース・リーの哲学に沿って使えるものは取り入れて使えない事を排除して

ジークンドーを発展進化させた第一人者です


僕がやっていたPFSジークンドー

イノサント先生の流派から生まれた軍隊格闘技です。


※僕は他の流派を実際に習った事がないので

練習内容などはそこまで詳しく知りません。


PFSジークンドーとは?
ジークンドー稽古
稽古挨拶

個人的に僕がやっていたPFSジークンドーを一言で例えると

「路上のMMA」だと考えています

MMA トレーニング
MMA トレーニング

理由は簡単で実際に習う事などはかなりMMAの要素が強く

その中にMMAでは反則の技などが組み込まれて練習を行います

路上では格闘技のルールなど

ありませんし

危ない目に遭うときはいつも理不尽な状況から始まるものです

ですのでこちらも相手の急所など格闘技の試合では反則になる事は

どんどん使っていかないとこちらの命が奪われてからでは意味がありません!

特にアメリカは色んな人種差別があり

武器の所持なども緩い州がいっぱいあります

そしてアメリカは

日本に比べて安全ではありません

ですので「汚い戦い方でも、安全に家に帰れればそれが一番」

というのが考え方です


僕がやっていたシステムの創始者「ポール・・ブナック先生」は

ジークンドーの継承者のダン・イノサント先生が

唯一自分のシステムを作ってもいいと認めた弟子です。

そしてポール・ブナック先生はジークンドーの技術を絞って、

もっとシンプルな軍隊格闘技を作った第一人者です。


彼が作ったシステムというのが

PFSジークンドー

P=Progressive (進化する)

F=Fighting (戦闘)

S=System (システム)

護身術
肘ミット打ち

このPFSジークンドーのシステムは護身術に重点を置いていて

ジークンドーコンセプトの全てを習う訳ではなく何方かと言えば

使える技などだけに絞って練習するシステムとなります。


なぜかと言うと軍隊格闘技に使われる戦闘術というのは

「直ぐに身につけれて直ぐに実践で使える」

という事が前提になります

ムエタイ
膝ミット打ち

僕の個人的な師匠は

クリス・モラーン先生ですが

他にも色々フェイスを保有している人たちに稽古を付けてもらいました



PFSジークンドーでカバーする事は

-ボクシング (基本、スパーリング)

-キックボクシング(ムエタイ)   

-カリナイフ術(避け方、戦い方など、ナイフスパーリング)     

-パナンナンテゥーカン(フィリピン武術ダーティーボクシング)

-近接コンバット(取っ組み合い、近接パンチなどMMAグローブ付けてやります)     -詠春拳(ブルースリーが習っていたカンフーですが疑問を感じて自分のシステムを作った)     -カリ/アーニス/エスクリマ武器術(フィリピン武術の国技で世界中の軍隊で学ばれている)

-デゥーモグ(フィリピン武術レスリング)     

-BJJ(ブラジリアン柔術10th Planet Jujutsu流派)     

-マスアタック訓練(一人以上に襲われた場合の想定スパーリング)


これらが一応僕がやっていたシステムでカバーする主なトレーニングです

一見かなり多いように見えますがアメリカでCIAなど特殊捜査官などの

特殊部隊の人はこれぐらいの技術は必須です


これらは一応僕のやっていた流派のトレーニングです

比較的ダン・イノサント先生の学校のカリキュラムに似ていると

聞いた事があります


まぁ当然ですよね

「ポール・ブナック先生はダン・イノサント先生の弟子ですから」


ちなみにポール・ブナック先生がイノサント先生に

「じゃ僕のシステムの名前はPFSで」って伝えたとき

イノサント先生は「なんだその名前ダサいな!」

って言われたそうです😭


こちらの動画で僕とエスクリマ/カリ/アーニスの先生とジークンドーについて語っています

WMPYR先生は僕のやっていたジークンドーの流派にかなり興味があったみたいで

自分でかなりの情報を調べていて毎回ジークンドーの歴史などを聞く時はかなり

勉強になります!



最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page